花粉プログラム

fullbloomlogo3花粉プログラム

reaf01繋がりから受け取るコミュニティreaf01

花にとって、花粉は次なる命に繋がること、自分を新たな形にして表現すること。
自分にとってのbeingを、内に留めるのではなく発信していくことで、周りの理解が深まったり、仲間が集まることがあります。

花粉では、自分らのbeingを表現する場をbeing camp以外にも提供することで、full bloomに関わる人たちがbeingでつながる場づくり行っています。

reaf01full bloomで出会いの機会をreaf01

自分が「こうありたい」という事を表現する為には、安全・安心な場が必要です。

being camp以外では、そのような機会が少ないため、卒業式やNPOとしての総会などのタイミングで集いを設けています。

多くの人にとっての転機になりうるタイミングで、full bloomの参加者や賛同者の人たちがゆるやかにつながり合うような場づくりを意図しています。

reaf01人との出会いをはぐくむreaf01

一年の中の節目のタイミングで、fullbloomと関わった人たちが、顔合わせるという、点ではない線のつながりづくり大事にしています。

自分のbeingを再認識したり大事にしたり、人のbeingも大事にしていける仲間が増えていったりするコミュニティに育っていくことを願っています。

fullbloom_seedfullbloom流★新年会fullbloom_seed

新しい年のはじまりを皆さんとお祝いします。
昨年を振り返りながらも、新しい年をどう生きていきたいのか?

過去、自分の在りたい姿や願いを込めた書き初め大会も開催しました。
これまでのプログラム参加者や卒業生などが訪れることができ、縦の世代間の交流もできる場になっています。

fullbloom_seedfullbloom流★卒業式fullbloom_seed

3月は多くの学生が卒業し、社会に旅立つタイミングです。

fullbloomでもささやかながら、関わった皆さんを送り出す場をつくり、今一度自分に向き合うことで、社会に出てからも自分のbeingを大事にして生きていくためのプログラムを提供しています。

また同じ卒業生同士の横のつながりやコミュニティが生まれる場にもなり、社会に出ていく同じ境遇の仲間づくりもできます。